快適な生活を取り戻しましょう

坐骨神経痛の時に楽な寝方

坐骨神経痛の時の楽な寝方

 

坐骨神経痛になり、

 

何するのも辛い…

 

せめて楽な寝方は無いのかな?

 

とお悩みの方に坐骨神経痛の時に楽な寝方をご紹介します。

 

寝方で重要なのは、まずは姿勢

坐骨神経痛の寝方でまず重要なのは、

 

寝る姿勢になります。

 

基本姿勢は横向きの姿勢になります。

 

また、痛みの出ている方を上にした横向きの姿勢になります。

 

これは痛みの出ている方を下にすると患部に圧がかかる為、痛みやしびれを出しやすくなるからです。

次に重要なのが股関節の位置

股関節の位置?と言ってもイメージがしにくいかも知れませんが、

 

横向きになった時に、

 

クッションやバスタオルを丸めた物を膝の間に挟み、

 

骨盤の高さと膝の高さが同じぐらいにした方が良いという事です。

 

膝が骨盤より低くなってしまうと、

 

お尻の筋肉が引き伸ばされ、

 

坐骨神経痛を圧迫しやすくなる為です。

次に重要なのが首の角度

横向きの姿勢で背骨が真っ直ぐに近い角度で枕の高さを合わせる事をお勧めします。

 

腰の筋肉も首まで繋がっている為、頭の位置が低いと腰の筋肉が緊張しやすくなってしまう為です。

次に重要なのが腕の位置

腕の位置は脇の下にバスタオルを丸めたものを入れ、肘を軽く曲げた状態で体の側面に肘があると理想です。

 

肘の位置が体の前に出てしまうと、背中の筋肉が伸ばされ、腰の筋肉まで緊張してしまう為です。

 

体の側面に肘を置いておくのが辛い場合は、

 

抱き枕や座布団を折って抱き枕のかわりにして、肘の高さを保ってあげるなどして対処して下さい。

まとめ

坐骨神経痛は腰から出ている神経が圧迫されている状態ですが、

 

腰の周りだけでなく、

 

股関節や上半身も含めて腰の周りがリラックス出来る状態を作ってあげる事で、

痛みを軽減することが出来ますのでお試し下さい。

ご相談は24時間LINEから受付ています。些細なことでもご相談下さい!

谷下鍼灸整骨院・整体院  谷下浩司