谷下鍼灸整骨院・整体院

南海本線松ノ浜駅から徒歩1分
お子様連れの来院も大歓迎です!

住 所
泉大津市二田町1-13-17あすと松ノ浜1F
営業時間
9:00〜18:00
定休日
日・祝日

【要注意】膝の痛み 痛み止めの捉え方 大阪府泉大津市谷下鍼灸整骨院・整体院

今回は【要注意】膝の痛み 痛み止めの捉え方についてお伝えしていきます

泉大津市谷下鍼灸整骨院・整体院の谷下です。

膝に痛みが出るのは炎症が起きているから➝痛み止め(消炎鎮痛剤)『炎症を抑えてくれて痛みを取ってくれる』

確かに、『炎症を抑えてくれて痛みを取る』と聞くと治すのに不可欠な薬と考えて当然です。

が、痛み止めで治らない方が後を絶たないのはなぜ?でしょうか?

それは、痛み止めの捉え方、使い方を間違えているからです。

【要注意】膝の痛み 痛み止めの捉え方

中には『いやいや痛み止めで治った事もある!』という方もおられると思いますが、それは痛み止めが治したのではなく、ご自身の自然治癒力が治したのです。

治る、治りにくいのには自然治癒力がちゃんと働ける体の状態か?が全てです。

痛み止めの役割は、痛みが脳に伝わらないように、一時的に痛みの信号をシャットダウンする事です。

【痛み止めで治ったと感じるケース】

痛み止めで痛みをシャットアウトしている間に、自然治癒力が働いて、治った。

というのが実際です。

この場合は痛み止めが治してくれた。と患者さんは感じます。

【痛み止めで治らないケース】

痛み止めで痛みをシャットアウトしている間でも、自然治癒力を上回る負担が膝に掛かり続ける事で、治る事が出来ない状態。

自然治癒力を上回る負担が膝に掛かり続けるとはどういうこと?

体のゆがみにより、過度な負担が膝に掛かっている。という事です。

1ヵ月以上痛みをかかえている方はこのケースが多いです。

痛み止めで治らないケースが多い理由

それは、ご自身が膝に掛かっている負担(身体のゆがみ)を自覚していない。

膝の痛みにお悩みの方は病院のレントゲン検査で軟骨のすり減りや膝関節の変形などがある事が多いですが、それだけ膝に負担を掛けている自覚はありましたか?

ない方がほとんどだと思います。

膝に負担がかかるのは、身体にゆがみを抱えたまま生活をしているからです。

しかし、身体のゆがみは自覚しにくい為、知らず知らずのうちに膝に負担をかけているのです。

膝に痛みが出ても自分ではわからないし、病院では膝は診てくれますが、身体のゆがみは診ない為、膝が痛くなる理由、治らない理由がわからないまま、痛み止めやヒアルロン酸注射を繰り返して治す事を諦めてしまったり、年のせいにする、手術をするという選択肢しかなくなってしまうのです。

正しい痛み止めの捉え方

1.痛み止めは痛みを押さえてくれるもので治すものではないと理解しておく

2.痛み止めを服用して1ヶ月以上経っても治らない場合は、信頼のおける整体や整骨院などで体のバランスを見てもらう

3.痛み止めで痛みが無くなっても無理をせず、痛みがある時ぐらいの行動量にしておく(痛みを感じていないだけで治っているわけではない為)

以上の事に気を付けて上手く痛み止めを使う事で体に負担を少なく,

最短で症状を改善する事が可能です。

膝の痛みでお悩みの方は参考にしてみてください。

泉大津市、谷下鍼灸整骨院・整体院

LINEからご相談&ご予約を24時間受け付けております

友だち追加

インターネット限定
お試しキャンペーン中!

11月末日までの期間限定

施術1回 通常 8,800

初回限定

3,980

毎月、5名様限定のキャンペーンです。お急ぎください!(残り2名様)
まずは、お気軽にお問い合わせください。
お電話の場合は「ホームページを見ました」とお伝えください。

完全
予約制

ぜひお気軽にお電話ください!

お電話でご予約の際は「ホームページを見てキャンペーンの予約をしたいのですが」と、お伝えください。

0725-26-3344 0725-26-3344

営業時間 午前9:00~午後18:00       (土は9:00~14:00)

谷下鍼灸整骨院・整体院

住所
〒 595-0015
泉大津市二田町1-13-17あすと松ノ浜1F
アクセス
南海本線松ノ浜駅から徒歩1分
お車でお越しの際は、当院の隣にパーキングがあります。(30分の駐車券をお渡し致します)
代表者
谷下浩司
電話番号
0725-26-3344 0725-26-3344

※土曜日は9:00~14:00まで

営業時間
9:00〜18:00

受付時間:18:00まで

ソーシャルメディア

LINEからのご予約は24時間受付中

LINE ID
@epf9587r
お友達登録はこちら
友だち追加

PAGETOP