坐骨神経痛でお尻をグリグリマッサージしていませんか?

坐骨神経痛の方で痛みを感じやすいお尻。

 

椅子から立ち上がった時や歩いている時に痛みが出て来てその都度親指でグリグリ…

 

グリグリする痛みで本来の痛みを誤魔化している。

 

それがもうクセになっている。

 

という方はいませんか?

 

コレ要注意です。

 

お尻の筋肉を押さえると一時的にはマシになりますが、

 

お尻を押さえる事で症状を悪化させてしまう事があります。

 

そんな事ないでしょ!

 

お尻の筋肉も硬くなってるし、マッサージすれば血流が良くなって柔らかくなるんじゃないの!?

 

と思いますよね?

 

これが大間違いなんです!

 

硬くなった筋肉はマッサージで柔らかくはなりません。

 

逆に硬くしています。

 

筋繊維は繊細でグイグイ押さえると傷が付きます。

 

しかし皮膚の下で起こっている事なので筋繊維に傷が付いているなんてわかりません。

 

筋繊維に傷が付くと炎症が起き、筋肉は硬くなります。

 

そうするとまたグイグイ押さえたくなる。

 

の繰り返し。

 

まさに悪循環というやつです。

 

硬くなった筋肉がマッサージで柔らかくなるんだったら、

 

また押さえたくはならないですよね?

 

ほんの数時間、下手したら数分でまた押さえたくなるのは筋肉に傷が付き硬くなっているからです。

 

皮膚の下で起こっている真実。

 

身体は正直です。

 

筋肉が硬くなっているのには原因があり解決してあげると柔らかくなる。

 

決してむやみやたらにマッサージをして柔らかくなる事はありません。

 

この機会にお気をつけて下さいね。

 

筋肉が硬くなる。

 

坐骨神経痛になる。

 

全てに原因かあります。

 

原因解決無くして改善は見込めません。

 

まだ坐骨神経痛でお悩みであれば、

 

24時間LINEからご相談を受け付けています。

 

泉大津市

谷下鍼灸整骨院・整体院

谷下 浩司