谷下鍼灸整骨院・整体院

南海本線松ノ浜駅から徒歩1分
お子様連れの来院も大歓迎です!

住 所
泉大津市二田町1-13-17あすと松ノ浜1F
営業時間
9:00〜18:00
定休日
日・祝日

脊柱管狭窄症とヘルニアの違いは? 泉大津市 腰痛

脊柱管狭窄症とヘルニアの違いは⁈

脊柱管狭窄症とヘルニア、どちらの病気でも起こるのが坐骨神経痛です。

坐骨神経痛は坐骨神経痛でもそれぞれ痛みが出る姿勢や痛み方が違います。

今日は脊柱管狭窄症とヘルニアの違いについてお話していきます。

痛みが出る状況が違う

脊柱管狭窄症で特徴的なのが「間欠性跛行」です。

 

これは歩いていると痛みや痺れがお尻から脚にかけて出現し、

 

歩けなくなるという症状です。

 

前かがみになり少し休むとまた歩けるようになります。

 

体を後ろに反らすと症状が出やすいです。

 

反対にヘルニアで特徴的なのが前かがみの姿勢で痛みや痺れが出現します。

 

腰を反らした時の方が痛みを感じにくいです。

 

また、立ったり、座っている姿勢が続くと痛みが出現してきます。

 

横になって休んでいる時が一番楽であることが多いです。

 

稀に重症化した場合は横になっていても辛いということもあります

 

痛みの感じ方が違う

脊柱管狭窄症は両側に症状が出る事が多いです。

 

また足の裏の痺れが出現しやすいのも特徴です。

 

ヘルニアは片方に症状が出る事がほとんどです。

 

急性期には激痛を伴うこともあります。

 

患部の状態が違う

脊柱管狭窄症は背骨の中にある神経の通り道(脊柱管)が狭くなることで神経が圧迫されている状態です。

 

背骨の中には神経が通っていて、

 

背骨から出るところで左右に分岐するのですが、

 

左右に分岐する前で神経が圧迫されているため、症状が両側に出現します。

 

神経は背骨の後ろ側を走行しているので、

 

前かがみになる事で背骨の後ろ側にスペースが出来るので症状が緩和されます。

 

ヘルニアは背骨と背骨の間にあるクッション材(椎間板)が後ろに飛び出す事で神経を圧迫して症状が出現します。

 

背中が丸くなる事でクッション材(椎間板)が後ろに押し出されるので、

 

前かがみになると症状が助長されます。

 

それぞれの症状の特徴を知っている事で、

 

日常生活における姿勢や身体の使い方を工夫する事で症状を緩和させながら過ごす事が出来ますので参考にしてみて下さい。

泉大津市

谷下鍼灸整骨院・整体院  谷下 浩司

ご相談は24時間LINEから受け付けています。

 
 
 
  • 大阪の坐骨神経痛
  • 大阪の椎間板ヘルニア
  • 大阪の頸椎ヘルニア、首ヘルニア

インターネット限定
お試しキャンペーン中!

10月末日までの期間限定

施術1回 通常 8,800

初回限定

3,980

毎月、5名様限定のキャンペーンです。お急ぎください!(残り2名様)
まずは、お気軽にお問い合わせください。
お電話の場合は「ホームページを見ました」とお伝えください。

完全
予約制

ぜひお気軽にお電話ください!

お電話でご予約の際は「ホームページを見てキャンペーンの予約をしたいのですが」と、お伝えください。

0725-26-3344 0725-26-3344

営業時間 午前9:00~午後18:00       (土は9:00~14:00)

谷下鍼灸整骨院・整体院

住所
〒 595-0015
泉大津市二田町1-13-17あすと松ノ浜1F
アクセス
南海本線松ノ浜駅から徒歩1分
お車でお越しの際は、当院の隣にパーキングがあります。(30分の駐車券をお渡し致します)
代表者
谷下浩司
電話番号
0725-26-3344 0725-26-3344

※土曜日は9:00~14:00まで

営業時間
9:00〜18:00

受付時間:18:00まで

ソーシャルメディア

LINEからのご予約は24時間受付中

LINE ID
@epf9587r
お友達登録はこちら
友だち追加

PAGETOP