谷下鍼灸整骨院・整体院

南海本線松ノ浜駅から徒歩1分
お子様連れの来院も大歓迎です!

住 所
泉大津市二田町1-13-17あすと松ノ浜1F
営業時間
9:00〜18:00
定休日
日・祝日

椎間板ヘルニアでブロック注射が効かない理由

当院には椎間板ヘルニアと診断されブロック注射をしてもらったが効果が無かった。

と来院される方も少なくありません。

今回は、なぜ?ブロック注射をしても痛みが緩和されない場合があるのか?その理由についてお伝えします。

椎間板ヘルニアでブロック注射が効かない理由

こんにちは。泉大津市にある椎間板ヘルニア治療院【谷下鍼灸整骨院・整体院】院長の

谷下浩司です。

椎間板ヘルニアでブロック注射をして痛みが緩和される場合とされない場合がある理由についてお伝えします。

まず、ブロック注射とは痛み止めの薬を患部に注射する事で痛みを一時的に緩和させるという目的で行われます。

椎間板ヘルニアの方でお尻や脚に痛みが出ている場合には腰にブロック注射をします。

それは腰の神経の枝はお尻や脚の方まで伸びていて、腰で神経が圧迫されることによってお尻や脚に痛みが出ている。とされている為です。

腰にブロック注射を行うことで痛みを麻痺させることにより、お尻や脚の痛みが一時的に軽減される。という目的で行われます。

また手術前に圧迫している神経を特定する為に行われる場合もあります。

なぜ?ブロック注射をしても効果がない場合があるのか?

まず考えられるのはお尻や脚の痛みの原因が、ヘルニアが腰の神経を圧迫している事では無かった場合です。

腰から脚にかけて伸びている神経で主な神経は坐骨神経ですが、

椎間板ヘルニアにより腰で坐骨神経が圧迫される事によりお尻や脚に痛みが出ます。

しかし、実は同じ症状が出る原因は他にもあるのです。

それは腰から伸びている坐骨神経はお尻の筋肉の間を縫うように伸びている為、坐骨神経の通り道である、お尻の筋肉によって圧迫を受ける事もあるのです。

この場合も椎間板ヘルニアと同様のお尻から脚にかけて痛みやシビレが出現します。

なので筋肉により圧迫を受けている場合、いくら腰にブロック注射をしても効果はない。という事になります。

病院でヘルニアと診断されるとドキッとされると思いますが、

注意が必要なヘルニアもありますが、多くの場合、手術をせずに改善する事が可能です。

また、国際腰痛学会では1995年に腰痛のない方の約76%の方にヘルニアが存在している。という研究結果も出ています。

ヘルニアがない人の方が少ないという事実です。

腰痛≠ヘルニア という事が証明されています。

なので、お尻や脚に坐骨神経痛が出ていてヘルニアがあると診断されても、

痛みの原因がヘルニアではない場合があり、

お尻の筋肉が硬くなり坐骨神経痛を出しているという可能性があります。

疑問】どうやってお尻の筋肉を柔らかくすればいいのか?

お尻の筋肉を緩めましょう。

痛み止めを飲みましょう。

お尻にブロック注射を打ちましょう。

お尻のストレッチをしましょう。

では治りません!

なぜかというとこれらの対処は全て対処療法だからです。

一時的に症状を緩和させる事は出来ても根本的には治りません。

お尻の筋肉が硬くなったから緩めましょう。ではなく。

なぜ?お尻の筋肉が硬くなってしまう身体の状態なのか?原因を知る必要があります。

症状が出ている原因を解決する事で改善されます。

いつまでも治らない理由

人には自然治癒力が備わっているので、ある程度のケガは1〜2週間もすれば治ります。

この自然治癒力は常に働いているので身体に問題が起これば治そうとします。

でも、治らないのはなぜか?

治れない状況、患部にストレスがかかり続けている為です。

傷口に塩を塗り続けていたらいつまでも治らないのと同じ状況になっているという事です。

それには2つの理由があります。

➀生活習慣やクセ、痛みをかばう事などで患部にストレスがかかり続けている。

 

②身体が歪んでいる事で患部にストレスがかかり続けている。

 

この2つはお互いに作用し合っています。

日常生活のクセなどで身体が歪むことがあります。

 

身体が歪むことで日常生活のクセとなる事もあります。

 

改善するには、身体の歪みを根本的に直しながら、悪いクセに気づき直していく必要があります。

 

しかし、それらをご自身で行う事は難しいので、身体の専門家に見てもらいながら治していく事をお勧めします。

まとめ

  • 椎間板ヘルニアでブロック注射をして効果がない場合は原因がヘルニアではない
  • 椎間板ヘルニアと同様の症状を出す原因は神経が筋肉により圧迫をされている事もある
  • 患部に対する対処療法だけでは根本的には治らない

以上になります。

椎間板ヘルニアでブロック注射をして効果がない理由についてお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

痛みが出るには原因があり、原因を解決する事で改善されます。

とてもシンプルですがなかなか治らない方は原因に対してアプローチが出来ていない為です。

何か月も治療をしているのに一向に改善されない場合は対処療法をされているのかもしれません。

一生懸命治そうとしているのに、対処療法だと知らずに終わりのない治療を受けている方を一人でも減らす事が谷下鍼灸整骨院・整体院の役割です。

椎間板ヘルニアで治療を受けているけど、このままでは治りそうにない…とお悩みの方は是非当院に来院ください。

椎間板ヘルニア

 

  • 大阪の椎間板ヘルニア

インターネット限定
お試しキャンペーン中!

9月末日までの期間限定

施術1回 通常 8,800

初回限定

3,980

毎月、5名様限定のキャンペーンです。お急ぎください!(残り2名様)
まずは、お気軽にお問い合わせください。
お電話の場合は「ホームページを見ました」とお伝えください。

完全
予約制

ぜひお気軽にお電話ください!

お電話でご予約の際は「ホームページを見てキャンペーンの予約をしたいのですが」と、お伝えください。

0725-26-3344 0725-26-3344

営業時間 午前9:00~午後18:00       (土は9:00~14:00)

谷下鍼灸整骨院・整体院

住所
〒 595-0015
泉大津市二田町1-13-17あすと松ノ浜1F
アクセス
南海本線松ノ浜駅から徒歩1分
お車でお越しの際は、当院の隣にパーキングがあります。(30分の駐車券をお渡し致します)
代表者
谷下浩司
電話番号
0725-26-3344 0725-26-3344

※土曜日は9:00~14:00まで

営業時間
9:00〜18:00

受付時間:18:00まで

ソーシャルメディア

LINEからのご予約は24時間受付中

LINE ID
@epf9587r
お友達登録はこちら
友だち追加

PAGETOP