谷下鍼灸整骨院・整体院

南海本線松ノ浜駅から徒歩1分
お子様連れの来院も大歓迎です!

住 所
泉大津市二田町1-13-17あすと松ノ浜1F
営業時間
9:00〜18:00
定休日
日・祝日

【朗報】椎間板ヘルニアの時に楽な寝方と方法

椎間板ヘルニアになるとお尻から足にかけてビリビリと痛みが出て寝るのも辛い

どうやって寝たら楽なのか知りたい

とお困りの方も多いのではないでしょうか?

今回の記事ではそんな方のためにヘルニアになった時に楽な寝方と方法についてお伝えしていきます。

椎間板ヘルニアの時に楽な寝方

こんにちは。泉大津市にある椎間板ヘルニア治療院【谷下鍼灸整骨院・整体院】

院長の谷下浩司です。

寝る姿勢により痛みが出る理由

椎間板ヘルニアは背骨の間のクッション材である椎間板が飛び出して神経を圧迫して坐骨神経痛を起こしている状態です。

椎間板ヘルニアにより起こる坐骨神経痛の痛みや痺れは2つのパターンがあります。

1つ目はまさに椎間板ヘルニアが神経を圧迫して起こる坐骨神経痛の痛みや痺れです。

2つ目は椎間板ヘルニアにより背骨の周りの筋肉が硬くなる事により起こる坐骨神経痛の痛みや痺れです。

この2つの観点から痛みの出にくい寝る姿勢を考える必要があります。

要は坐骨神経痛の痛みが椎間板ヘルニアによるものか、筋肉の硬さによるものか?

になりますが、素人に識別するのは難しいので、簡単な見分け方をお伝えします。

椎間板ヘルニアによる痛み

椎間板へルニアによる痛みは前屈時に痛みや痺れが出ることが多いです。

これは痛みを出している神経は背骨の後ろ側を走っているのですが、前屈をする事により、椎間板は後ろ側に凸となる為、神経を圧迫しやすくなるな為です。

あと、座っている姿勢が続くと痛みがお尻や足に出る。

椎間板にかかるストレスは座っている姿勢が1番ストレスがかかると言われています。

筋肉による痛み

筋肉による痛みは後屈時や身体を倒した方に痛みが伴う事が多いです。

これは筋肉が硬くなっていると、上手く縮こまることが出来なくなる為、内圧がが高まり神経を圧迫しやすくなる為です。

※症状が強くなると全ての動きで痛みを伴う事もある為、その場合は身体の専門家に診てもらうようにしましょう。

基本的な安静姿勢の寝方

腰痛やヘルニアになった時の基本的な安静姿勢は横向きの姿勢になります。

これはまず椎間板ヘルニア、筋肉の硬さ、どちらの症状でも適応の方が多いのでまず、この姿勢をしてみてください。

詳しくはコチラの動画をご覧ください。

ポイントは

【背骨にストレスをかけない事】です。

背骨にストレスをかけない寝方は簡単に言うと、横になった状態でなるべく背骨を床と平行に保つ姿勢となります。

 

その為、※低反発のマットレスやベットなどのように沈み込むような素材の物では難しくなりますのでお控えください。

 

大切なのは3つの枕がポイントになります。

1つ目の枕

まずは頭の枕です。

頭が床面と平行な高さになる様にセッティングして下さい。

頭の位置が高すぎたり低すぎたりすると、腰の筋肉は頭の後ろまで繋がっている為、腰の筋肉のストレスになってしまいます。

 

2つ目の枕

抱き枕です。

胸の前で方周りがリラックスできる幅の枕があれば最適です。

肩の筋肉も腰と繋がりがある為、肩周りの筋肉もリラックス出来るように抱き枕を使用しましょう。

 

3つ目の枕

足の間に挟む枕です。

ここでのポイントは膝の高さです。

横になった状態で、膝の位置が骨盤の高さより低くなっているとお尻の筋肉が伸ばされ、お尻の筋肉が腰の筋肉を引っ張ってしまう為ストレスになるので、

膝の高さと骨盤の高さを合わせる様にしましょう。

 

寝る向きは左右どちらを上にしても構いません。

症状によりどちらが楽か、は変わりますので確認してみて下さい。

横向きでも痛みが出る方は仰向け

実は椎間板ヘルニアによる場合で椎間板にストレスがかかりにくい姿勢は仰向けになります。

※炎症が強い場合は椎間板にストレスがかかりにくくても、内圧が上がる為、床からの圧により痛みを感じる事があります。

この時の枕は2つのになります。

1つ目は頭の枕

高すぎなければ良いです。

しっくり来る高さに合わせて下さい。

2つ目の枕は膝の裏へ。

膝の裏に入れる枕は理想は膝が30度程曲がる程度の高さになります。

この高さが骨盤や膝にとっての安静姿勢となります。

 

※同じ姿勢が長時間続くと、血液の循環が悪くなり、筋肉が硬くなりやすくなりますので、日中横になる場合は30分〜1時間に一回は姿勢を変えましょう。

【まとめ】

椎間板ヘルニアのときに楽な寝方をお伝えしましたが、いかがでしょうか?

重症化してしまうと楽な姿勢が無い。場合もありますが、軽症であれば先ほど説明した寝方を試していただけると痛みのない姿勢を見つけられます。

横向きは枕を3つ

仰向けでは枕を2つ

◯背骨にストレスがかからない事

◯腰だけでなく、頭、骨盤、膝の位置

それぞれの姿勢で2つのポイントを意識して行ってみて下さい。

追伸

椎間板ヘルニアは悪化すると自分では改善するのが難しくなってきます。

 

また、症状が悪化してしまうと整形外科や整骨院で注射、痛み止め、マッサージ、リハビリなどでは改善出来なくなってしまいます。

 

もし、どこに行っても治らず悩んでいるなら泉大津市にある椎間板ヘルニア治療院【谷下鍼灸整骨院・整体院】にお越しください。

 

当院では遠方からも椎間板ヘルニアで手術を回避したい方が数多く来院されています。

 

本気で椎間板ヘルニアを治したい。

 

痛み止めのない生活が送りたい。

 

辛いお尻や足の痛みから解放されて不安のない生活が送れるようになりたい。

 

そう本気で思っている方は、是非、当院にお越し下さい。

椎間板ヘルニア

  • 大阪の椎間板ヘルニア

インターネット限定
お試しキャンペーン中!

11月末日までの期間限定

施術1回 通常 8,800

初回限定

3,980

毎月、5名様限定のキャンペーンです。お急ぎください!(残り2名様)
まずは、お気軽にお問い合わせください。
お電話の場合は「ホームページを見ました」とお伝えください。

完全
予約制

ぜひお気軽にお電話ください!

お電話でご予約の際は「ホームページを見てキャンペーンの予約をしたいのですが」と、お伝えください。

0725-26-3344 0725-26-3344

営業時間 午前9:00~午後18:00       (土は9:00~14:00)

谷下鍼灸整骨院・整体院

住所
〒 595-0015
泉大津市二田町1-13-17あすと松ノ浜1F
アクセス
南海本線松ノ浜駅から徒歩1分
お車でお越しの際は、当院の隣にパーキングがあります。(30分の駐車券をお渡し致します)
代表者
谷下浩司
電話番号
0725-26-3344 0725-26-3344

※土曜日は9:00~14:00まで

営業時間
9:00〜18:00

受付時間:18:00まで

ソーシャルメディア

LINEからのご予約は24時間受付中

LINE ID
@epf9587r
お友達登録はこちら
友だち追加

PAGETOP