谷下鍼灸整骨院・整体院

南海本線松ノ浜駅から徒歩1分
お子様連れの来院も大歓迎です!

住 所
泉大津市二田町1-13-17あすと松ノ浜1F
営業時間
9:00〜18:00
定休日
日・祝日

膝の痛み湿布の貼り方

今日は『膝の痛み湿布の貼り方』についてお伝えしていきます。

膝の痛みで湿布の貼り方を知りたい方はご覧ください

泉大津市、谷下鍼灸整骨院・整体院の院長谷下です。

膝が痛くなった時に応急処置として使われることが多い湿布、

応急的に痛みを緩和するために湿布を貼られている方も多いのではないでしょうか?

たかが湿布されど湿布、貼り方を間違えてしまうと、湿布により膝の動きを制限してしまい、悪化させてしまう場合もありますので今回はこのテーマにさせていただきました。

まずは湿布のここを確認してください

湿布と言っても白い湿布もあれば茶色の湿布もあります。

見て頂きたい所は、 伸びやすい方向と伸びにくい方向を引っ張ってみて確認してください。

上下方向が伸びやすいのか?

左右方向が伸びやすいのか?

※もしかすると種類によってはどの方向も伸び明日が同じというものもあるかもしれません。その場合はそのままで大丈夫です。

膝関節の動きに合わせて貼る

ひざ関節は曲げたり伸ばしたりという動きがメインとなる関節です。

その時に膝の上の皮膚は上下方向に移動しています。

ですので湿布の伸びやすい方向を、ひざの上下方向に合わせて買ってください。

そうすることで膝の動きを制限することなく湿布を貼ることができます。

逆にしてしまうと膝の動きを制限し、場合によっては悪化してしまうこともありますのでご注意ください。

※なるべく膝のお皿は避けてで貼ってください。

膝のお皿の上にべたっと張ると膝の負担になる為です。

膝のお皿に貼りたい時はどうすればいいのか?

あまりお皿の上が痛いということは少ないとは思いますが、 打撲などでお皿の上が痛い場合はコツがあります。

それは湿布を半分に折っていただき、

3つから4つほど切れ目を入れて、短冊切りにしてください。

そうすることでお皿にかかる負担を減らすことができますので、お皿の上に貼っていただいても大丈夫です。

まとめ

・湿布の伸びやすい方向を引っ張ってみて確認する

・伸びやすい方向を膝の上下方向に合わせて貼る

・膝のお皿に貼る時は短冊切りにして貼る

動画バージョンはこちらから⇨

泉大津市、谷下鍼灸整骨院・整体院

LINEからご相談&ご予約を24時間受け付けております。

友だち追加

インターネット限定
お試しキャンペーン中!

9月末日までの期間限定

施術1回 通常 8,800

初回限定

3,980

毎月、5名様限定のキャンペーンです。お急ぎください!(残り2名様)
まずは、お気軽にお問い合わせください。
お電話の場合は「ホームページを見ました」とお伝えください。

完全
予約制

ぜひお気軽にお電話ください!

お電話でご予約の際は「ホームページを見てキャンペーンの予約をしたいのですが」と、お伝えください。

0725-26-3344 0725-26-3344

営業時間 午前9:00~午後18:00       (土は9:00~14:00)

谷下鍼灸整骨院・整体院

住所
〒 595-0015
泉大津市二田町1-13-17あすと松ノ浜1F
アクセス
南海本線松ノ浜駅から徒歩1分
お車でお越しの際は、当院の隣にパーキングがあります。(30分の駐車券をお渡し致します)
代表者
谷下浩司
電話番号
0725-26-3344 0725-26-3344

※土曜日は9:00~14:00まで

営業時間
9:00〜18:00

受付時間:18:00まで

ソーシャルメディア

LINEからのご予約は24時間受付中

LINE ID
@epf9587r
お友達登録はこちら
友だち追加

PAGETOP