谷下鍼灸整骨院・整体院

南海本線松ノ浜駅から徒歩1分
お子様連れの来院も大歓迎です!

住 所
泉大津市二田町1-13-17あすと松ノ浜1F
営業時間
9:00〜18:00
定休日
日・祝日

【坐骨神経痛】やってはいけない事 ➀

【坐骨神経痛】やってはいけない事➀

坐骨神経痛と言っても、

 

前回のブログでお伝えした通り、

※前回のブログ→https://tanishita-k.com/blog/zakotu-towa

 

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、梨状筋症候群、

 

またこれといった診断をされなかった場合、

 

と多岐に渡ります。

 

今回は、

 

意外と多い、

 

梨状筋症候群と、

 

これといって診断名を告げらなかった坐骨神経痛について、

 

やってはいけない事をお話ししていきます。

 

痛い所をとにかくマッサージ!

◎痛みがある所を強く揉む。

 

どうしても痛みがあると手がいくもの、

 

特にお尻に痛みがある時はグリグリと押さえる方が多いです。

 

【いけないポイント】

実は筋肉は繊細なんです。

 

グリグリと押さえてしまうと、

 

筋繊維に傷がつき、

 

痛みや強張りの原因になることに。

 

要注意です。

 

ストレッチをグイグイする

◎何とか治す方法はないか?

 

そんな時に便利なのが、インターネット。

 

YouTubeなどで坐骨神経痛には〇〇ストレッチ的なストレッチをやってしまう事。

 

良くあります。

 

【いけないポイント】

筋肉には本来伸びるという働きはありません。

 

無理に伸ばしてしまうと、

 

筋繊維が傷ついたり、

 

防御反射で、

 

逆に筋肉が縮こまり硬くなってしまい逆効果になってしまいます。

 

要注意です。

 

痛み止めの服用を続け続ける

◎痛み止めを飲んでいればマシになる。

 

生活も出来ないほどではない。

 

と痛みが出ては痛み止めを飲むという生活を1ヶ月以上続けている

 

よくあります。

 

【いけないポイント】

 

痛み止めはあくまでも痛みを止めているだけ。

 

言わば、

 

その場しのぎです。

 

治っているわけではありません。

 

薬を飲めば動ける。

 

という生活を続けていると…

 

そのうち痛み止めが効かない程の痛みになってくる。

 

よくあることです。

 

痛みは身体の赤信号。

 

それを痛み止めで見ないフリをして、

 

生活をしているわけですから、

 

体からすれば、

 

限界を超えた負担を強いられている訳です。

 

そうなれば、

 

より強い赤信号を出さなくてはならなくなってしまうのです。

 

それが、

 

『今までは薬が効いてきたのに、最近効かなくなって来た』

 

の正体です。

 

以上が、

 

梨状筋症候群、

 

坐骨神経痛の診断を受けた方の、

 

やってはいけない事。

 

になります。

 

坐骨神経痛の方はお気をつけ下さい。

 

質問、ご相談等があればお待ちしております。

 

泉大津市、和泉市、岸和田市、堺市、泉佐野市、高石市

谷下鍼灸整骨院・整体院

谷下 浩司

  • 大阪の坐骨神経痛
  • 大阪の椎間板ヘルニア

インターネット限定
お試しキャンペーン中!

10月末日までの期間限定

施術1回 通常 8,800

初回限定

3,980

毎月、5名様限定のキャンペーンです。お急ぎください!(残り2名様)
まずは、お気軽にお問い合わせください。
お電話の場合は「ホームページを見ました」とお伝えください。

完全
予約制

ぜひお気軽にお電話ください!

お電話でご予約の際は「ホームページを見てキャンペーンの予約をしたいのですが」と、お伝えください。

0725-26-3344 0725-26-3344

営業時間 午前9:00~午後18:00       (土は9:00~14:00)

谷下鍼灸整骨院・整体院

住所
〒 595-0015
泉大津市二田町1-13-17あすと松ノ浜1F
アクセス
南海本線松ノ浜駅から徒歩1分
お車でお越しの際は、当院の隣にパーキングがあります。(30分の駐車券をお渡し致します)
代表者
谷下浩司
電話番号
0725-26-3344 0725-26-3344

※土曜日は9:00~14:00まで

営業時間
9:00〜18:00

受付時間:18:00まで

ソーシャルメディア

LINEからのご予約は24時間受付中

LINE ID
@epf9587r
お友達登録はこちら
友だち追加

PAGETOP